革ってなに?

Kids' Leather Program 革ができるまで

革ができるまで 
わたしたちも原始時代の人とおなじように、お肉を食べています。そのお肉にもじょうぶな皮がついていました。
その皮をたいせつに利用して、くつやカバンなど、わたしたちのまわりにあるものをつくります。
まず、「皮」をていねいに水で洗ってから、くすりをつかってかわかします。そうしてできた「革」のやわらかさや大きさ、色などのとくちょうに合わせてものを作っていきます。
丈夫で長持ちするくつやカバンを作るには、たくさんの人たちが、たくさんのおしごとをしています。